鮮魚市場

鮮魚市場の紹介

北は北海道から南は九州まで全国の産地から直接集荷することで、より鮮度のある、より美味しい魚介類をお客様にご提供しています。仲介がないため、鮮魚をより安くより早くお客様の元へお届けすることができます。

また、土浦魚市場では、一般の方から飲食店や小売店など、どなたでも魚を買い付けることができます。魚のことで分からないことがありましたら、お気軽にスタッフまでお声がけください。

市場紹介写真1 市場紹介写真2 市場紹介写真3
市場紹介写真4 市場紹介写真5 市場紹介写真6
    pagetop

マグロはどこから?

「土浦魚市場」では、恒例の土曜日「マグロ食べ放題」がテレビなどで話題となり、おかげさまで多くのお客様にお越しいただき、マグロをたくさん食べていただきました。

土曜日マグロ食べ放題 マグロ食べ放題
土曜日は1,050円でマグロ食べ放題  

では、このおいしいマグロはいったいどこからやってくるのでしょうか? 
実はマグロは世界各地に漁場があり、穫れる種類もさまざまです。

マグロ漁場

私たち日本人にとって、最もポピュラーな食用魚のひとつ「マグロ」。マグロは世界中の大洋に生息し、海中を高速で回遊する「回遊魚」の一種です。ご存知のようにマグロはかなりの大型魚であり、最も大きいクロマグロになると体長3m・体重400kg を超えます。世界中の海流に乗って回遊していますが、魚種により生息水域はある程度決まっています。種類もさまざまで、クロマグロ、ミナミマグロ、メバチマグロ、キハダマグロ、ビンナガマグロなどがあります。

【マグロの種類】

クロマグロクロマグロ クロマグロは別名ホンマグロとも呼ばれ、マグロとしてはもっとも大型で、6〜7年で体重60kg〜80kg・体長1.5m〜2.0mほどに成長し、大きいものは体重350kg〜450g・体長2.0m〜2.5mになります。大西洋、地中海、日本近海で穫れ、身は脂のトロ部分が多く、寿司ねたに向いています。
ミナミマグロミナミマグロ 別名インドマグロとも呼ばれ、体長は2〜3mほどに成長します。オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ沖の低水温の海域で穫れます。身の脂が豊富で、寿司ねたに好んで用いられます。
メバチマグロメバチマグロ 2mほどに成長する中型種のマグロです。目が大きくぱっちりしていることからメバチと名付けられています。体が肥満型でずんぐりしているため、だるまとも呼ばれています。赤道から南北に緯度35度の範囲に多く生息し、身はクロマグロやミナミマグロに似ているので、刺身として好まれます。
キハダマグロキハダマグロ 別名キワダと呼ばれ、1〜1.5mほどに成長する小型種です。キハダの名は、ヒレや表皮が鮮やかな黄色みを帯びることから名付けられました。熱帯性のマグロで、赤道から南北に緯度35度の範囲に多く生息し、マグロの中でもっとも漁獲量の多い種類です
ビンナガマグロビンナガマグロ 別名ビンチョウと呼ばれ、胸びれが非常に長いのが名前の由来です。体長1mほどに成長し、マグロの中では小型種で、世界中の海に広く分布しています。赤身がほとんどなく柔らかく淡白なため、切り身はステーキや照焼などに向いています。また、ツナ缶の原料としても使われています。
  pagetop

魚が食卓に届くまで

魚の美味しさは鮮度で決まります。土浦魚市場のスタッフは、美味しい魚を新鮮なままに、いかに早く、いかに安くお客様にご奉仕できるのかを長年研究してきました。

流通チャート図

一方、土浦魚市場は、漁業者・漁港、漁業組合と直接交渉して魚を買い付けるため、新鮮で美味しい魚を安く早くお客様にご奉仕することができるのです。

時には安くて美味しい魚を求めて全国各地へ買い付けに行ったり、マグロ漁船から直接マグロを買い取る時もあります。お客様の笑顔のためなら、私たち土浦魚市場スタッフは、どんな努力も惜しみません。

水揚げ 買い付け
水揚げ 直接現場にて買い付け
注文受付 仕入れ手配
事前に注文数を受付 各産地に仕入れ手配
集荷 仕分け
朝、直送された荷物が魚市場に集まる 各流通先に仕分け
配送 販売準備加工
スーパーや飲食店ごとに配送 販売準備のための加工
直販 鮮魚販売2
魚市場にて直接お客様に鮮魚を販売
食堂で奉仕 パーティーへの対応
食事魚市場でのご奉仕 ゴルフコンペなどの各種パーティーへの対応
  pagetop

鮮魚商品

土浦魚市場について

市場の休日

カレンダー

店舗情報

外観
  • █ 休日:日曜・祝日・市場定休日
  • █ 営業時間:
  • ・平日:10時~14時まで
  • ・土曜日:6時~14時まで
  • █ 所在地:土浦市中村西根9-3
  • █ 電話:029(841)1313
  • █ 地図:google Maps版
  • █ バス:常磐線荒川沖駅西口から、
    つくばセンター行きバスに乗り
    約15分 → 土浦産業学院で下車、徒歩約5分
  • █ 車:桜土浦ICから大角豆交差点を左折
  • █ バーコード読み取り機能で簡単アクセス!(全キャリア共通)
    またはこちら から携帯へURLをメールで送信すると便利です。